So-net無料ブログ作成
テレマーク ブログトップ
前の10件 | -

無理矢理?ではありますが、シーズイン [テレマーク]

12月9日
なかなか積雪が増えないニセコ。とはいっても無いわけではない。

1209山.jpg

週間天気予報では雪が続くようだが、果たしてどうなることか‥
しかしここのところ冴えないのは天気だけではなく、体調もいろんな面でいまいち‥
風邪(だと思われる)が2週間近く治らない、 あごの噛み合わせで何だがちょっと痛い、右肩に張りあがる‥
何よりここ数日 左ひざが痛い。 どれも原因がはっきりしないし、生活に支障が出るようなものではないので、なんとなくモヤモヤ。
そんなモヤモヤを晴らしたく、取りあえず今年もチャージしちゃいました。

リフト券.jpg

チャージしたら使いたくなるのが人ってものだ。 ちょっと膝をかばいながらでもテレマークをもってアンヌプリへ。
前日に麓まで滑れるようになったとのこと。当然まだシーズンが始まったばかりの平日の午前中。
空いているに決まっている。
駐車場もガラガラ、ゲレンデもガラガラ。
板をはいてリフト乗り場まで滑ってみるが、膝はちょっと痛むものの、何とかなる。 というか全然平気だ。
ゲレンデはまだまだ積雪が少ないので、ちゃんと整備できていない箇所があるので、段差がまだまだあちこちに残っている。
ピステンが掛けられない場所はすぐにボコボコになってしまう。
それでも シーズン1回目にもかかわらず 調子に乗って 1時間で クワッド4本、ゴンドラ1本。
転ぶことは一度も無かったけど最後は足に力が入らずに全然板に乗れていないけど、なんとなく充実感というか安心感。
しかし ゲレンデから戻ってみると結構膝が痛い。 階段の上り下りもちょっとぎこちない。
夕方から 整骨院に行ってみて マッサージやらストレッチ、電気、ハリなんかもやってもらったが即効性はないようだ。
シーズンも始まったばかり。 まずは無理をしないようにするか‥ まだまだ山のコンディションは良くなるはずだ。

春のテレ散歩 [テレマーク]

4月12日
快晴のニセコ。

0412山.jpg

しかしこの快晴も長くは続かないようで、半日くらいしか持たないらしい。
ちなみに前日はこの時期にしてはいい降り方をしていて、一時は横殴り状態。

雪0411.jpg

半日くらい散歩に出かけたかったので、ワイスをチョイスしてみた。
平日の朝9時過ぎ。 除雪の調査に来ている建設業者の車が3台ほど止まっているだけ。

0412ワイス1.jpg

随分と積雪も減ったが、まだまだ問題なく遊べそうだ。
既に営業は終了しているので、遠慮なく本コースを登ってみる。

0412ワイス2.jpg

小鳥が鳴いたりして 春の陽気の中を快適にハイク。 
北斜面を滑るトラックが延びていくのが良く見える。

0412ワイス4.jpg

1時間30分ほどで第三降り場に到着。 いつもなら更に上を目指すのだが、今日はここまでにしておこう。

0412ワイス3.jpg

どこを滑ろうかな?ということで ブリザード方面へ。 前日に積もったキレイな雪が非常に魅力的なのだが、途中からストップ雪になったりして これが結構難しい。
どことなくぎこちないトラック。

0412ワイス5.jpg 

調子に乗ってスピード出すとストップ雪で急ブレーキ、 おかげで足の裏が攣りそうだ。
しかし林の中も休み休みだが、1度も転ぶことなく車に戻ってこれた。 多少は進歩しているようだ。

0412ワイスログ.jpg

11時半には到着。 このあと買い物して午後からは やることやろう。

本日で打ち止め [テレマーク]

4月29日
ここのところ春を通り越して夏のような陽気のニセコ。

0429山.jpg

とはいってもまだスキー場は営業中。 リフト券もあと1コマを残すのみ。
連休の後半はコース状態がちょっと心配なので、朝からゲレンデで滑り収めに。
しかし ボードはブーツがあれなので、 テレでの出撃。

スキー1.jpg

ゲレンデも結構地面が出てしまっているが、まだ 下まで滑って帰ってこられるようだ。

ゲレンデ.jpg

ゴンドラ、リフトと乗りついで 上に行くが、コンディションがいいのが 上のほうだけ?のようで
多くの?スキーヤー、ボーダーがリフトを回している。

スキー2.jpg

ピステンの後はザラメで結構滑りやすいが、 時間がたつと 結構 掘れてしまう。

ゲレンデ2.jpg

ここを4本まわして 時間のようだ。 羊蹄山も霞んで見える。 そのくらい 暑い。
Tシャツの上にアウターを羽織っただけでも全然問題ない。

ゲレンデ3.jpg

最後に車まで滑って終了。 ゲレンデは すべり納めだ。
家に帰ってもまだ昼前。 そばでも茹でて その後は 草取りと 畑の土起こしだ。


まだまだ修行の身… [テレマーク]

1月18日の分

前日は猛吹雪でしたが、朝になったら結構落ち着いたニセコ。

夜に JIROさんより もし都合がつけば ワイスへどう?というメールが入っていた。

さすがに吹雪だったら 引きこもりだな と考えていたのだが、この天気なら出かけない訳にはいかない。

ということで 準備をして いつもの林道入り口へ。

すでに JIROさん、BOSS,TAMがスタンバッていた。

しかし TAMが ボードではなく、 ベクターのジェネシスを用意している。

それならば と こちらもなぜか 用意してあった テレを引っ張り出す。

wais1.jpg

なんとなく そんな予感がしてたいので、車に積んできたのだが、予感は当たるものだ。

しかし テレで山行は まだ2回目。 しかもこっちの板では 初。

ちょっと無謀な感じもするけど、勝手知ったる ワイス。 最悪歩いて帰ってくればいいや という割り切りで出発。

確かに 林道のラッセルは楽チンだ。 スノーシューを引離して進める。

しかし 本格的な登り斜面になると 形勢逆転。 

wais4.jpg

いつもと違うところが 痛い というか 疲れる。 きっと使っている筋肉が スノーシューとは違うんだろう。

第2から上は 前日の風で叩かれて、すっかり ウォッシュボード状態だ。 

おかけでキャットも第2の上まででゲストを降ろしている。

しかし、 われわれは更に上を目指す。 まずはニセピークまで。

wais3.jpg

来てしまった… 日本海が見える。

ここか出来たら 後は滑るしかない。 しかも 裏へ。

頭の中を整理して ソレッ! と 滑り出す。 1ターン、2ターン、 バン!  なぜか足が頭の上に。

そんなことを繰り返しながら ボトム手前まで。 

そこから上り返し。 シールを着けて ほぼトラバース。 これは楽チン。

ブリ丘まで登り返して 再び滑り出す。

1ターン、2ターン、3ターン、 ちょっと順調かな? バン、 カメラ画像が真っ暗になる。

接地感がないので、調子に乗って加重すると そのまま前転してしまう。

さらに そのまま禁断の6番へ。

ボード組がとってもうらやましい… コンディションは最高に近い。 あっという間に引離されて谷底へ消えていく。



ボトムの沢はすっかり埋まり、そこからまたトラバース。

これもほぼ先頭きってコースをつけられたが、 かなり消化不良だ。

その後 林道に出て 車に戻るが、 いつも以上に疲労感満点。

まだまだ修行の身であることを実感するのでした。 

Logwais.jpg

とりあえずシーズンイン [テレマーク]

12月11日

天気が荒れる感じ満点のニセコ。

1211山.jpg

1211温度.jpg

先週末には部分的にではあるけどスキー場もオープンした。

しかし週末はいろいろとあって全然すべりに行くことは出来なかったけど、週明けからはゆっくりとシーズンイン。

まずは 何からスタートしようかな?ということで 昨シーズンと同じでテレマークでシーズイン。

アンヌプリに向かうが 第一駐車場は微妙に満車。 止めるほうも、除雪するほうもまだまだ慣れていないの
か、かなりスペースは開いているようなのだが、微妙に止めにくい。

しかし隣には第2もあるし、一段したには第3もあるのでまったく問題は無い。

さすがにゲレンデはガラガラであるが、ゴンドラはまだ動いていない。 さて滑れるのか…

練習.jpg

いろいろとチェックすることがあるので ひとつずつ感覚というか記憶を手繰って、3本くらいリフトを回すとようやく落ち着いてきたような気がする。

月、火それぞれ1時間ずつではあるけど、なんとか去年と同じくらいまで戻ったような気がする。

今回は自分のすべりを客観的に見る意味でも 自撮りに挑戦。



しかしスキーの場合はストックはそんなに使っているわけではないのだが、無いならないで結構不自由だ。

それにしてもぎこちないな… まだ迷いがあるようだ。

目から鱗 [テレマーク]

4月2日の分

昨日はそれほど天気はすっきりとは晴れ上がってはいないが、崩れる予報は出ていない。

0402雪.JPG

しかし既に季節は変わってしまったので、コンディションを期待することはできない。

ここのところ全然体を動かしていないためか、それともただ単に風邪気味なのか?なんだかだるい。

体を動かそうかと思い リフト券もまだちょっとあまっているので、アンヌプリのゲレンデでテレ練へ。

4月の平日の午前中なんてよっぽど好きな人か、暇な人しか滑りに来ないんだろう‥などと勝手に思い込んでいたが、やっぱりガラガラ。

ゲレンデ.JPG

貸切のクワッドにのって何本か回すが、緩斜面はまずまず、しかし急斜面は全然ダメといういぜんと全く変わっていない。

3本目だったか、 リフトに珍しく隣りに人が乗ってきた。 ベクターグライドの板にテレマークのビンディング。

どちらからというわけでもなく声をかけて取り留めのない会話してリフトを降りて滑り出すと、 後ろからチェックしてくれているようだ。

そのまま再びリフトに乗ると、やっぱり隣りに乗って 一言 「後ろ足に乗れていませんね。」 

ズバリ その通りです! そこから 色々と思うところを話してみると、 それならばと、 ワンポイントでアドバイスをくれた。

A「後ろに乗れていないのは判っているのだが、色々試しているけどあまり効果がない。」

B「それならばこうやればターンの時に後ろ足に力が入るきっかけになりますよ。」

と 全ての人に当てはまるかわからないけどと前置きして 極めて基本的なことを教えてくれた。 

早速やってみた。 なるほど! そのままリフト乗り場まで 滑りきれてしまった。

なんとなくつかめた気分。

その人はあと1本だけ滑って 帰ってしまったが、 非常にいい コメントをもらっら。 

客観的に見るというのは大事だな‥

こちらもあと1本で終了して FBで検索してみると、 意外と 知り合いの知り合いぐらいの距離感だった。

スノーボードでは この日から滑れるようになった という日が明らかなのだが、テレマークもこの日になるのだろうか? 

もうちょっと修行しないと。




テレで挑戦!西昆布岳 [テレマーク]

2月26日

天気予報通り今日で3日目の春。

週末からはまた平年並みになるらしいが、当然というか全然降雪は無い。

おまけに家の周りでは3ヶ月ぶりぐらいで地面が顔を出してきた。

地面.JPG

薪小屋の薪が3月を前にほぼ空になりそうだが、もう一山が雪の中にあるので掘り起こそうか。

薪.JPG

新雪は無いけど天気はいいので、すべりというより登りメインで、どうせならテレで行ってみるか!と選んだのは
西昆布岳。

2年ほど前に一度 登った事があるので大体様子は判っている。何しろ緩斜面だ。

車で移動すること30分。

既に先客あり。

駐車.JPG

準備をしてスタート。

スタートタイム.JPG

夏場は牧場なのでリフトが無いだけでほとんどゲレンデのような斜面を山頂目指して登っていきます。

西昆布.JPG

林の中を抜けて

林.JPG

頂上近くの稜線には吹き溜まりによる雪庇が成長している。

稜線.JPG

到着です。

山頂.JPG

1時間半。 

山頂タイム.JPG

過去にスノーシューで登ったときもほぼ1時間半で登ったので、のぼりに関しては道具には左右されないってことかな。

さて滑りますか‥ しかし、 クラストした雪にスキートップが刺さり、全然テレマーク姿勢が取れない。

結局 不恰好なボーゲンもどきで滑る羽目に‥ 疲れる。 足の土踏まずが痛い‥ 遠い昔にこんな感覚を味わったかな‥

なんとか車に戻ってきました。 途中の緩斜面ではなんとか数ターンだけテレマーク姿勢がとれた。

ゴールタイム.JPG

タイム的にはこんなものなんだろう。しかしコンディションのいいときにリベンジいないと。

ログ.jpg


修行の日々 [テレマーク]

1月23日

久しぶりに降雪のあったニセコ。

0123雪.JPG

朝の気温は 最近ず~っとこんなものだ。

0123温度.JPG

薪小屋に積んであった薪は一山なくなった。 去年のブログを読み返してみると2、3日の違いなので、ほぼ同じような使用状況のようだ。

0123薪.JPG

昨日は 夕方から買い物に倶知安までいくついでに 旭ヶ丘で テレ練をしてきました。

さすがローカルスキー場。 滑っているのは小学生のスキー教室と自衛隊の皆さん。

まずは回数券(¥1,000)を買ってリフトに乗ってみる。

旭ヶ丘.JPG

ちょっとだけ間隔があいたので、感じがつかめるまで、迂回コースで 2本ほど回して、その後は正面のバーンへ。

このくらいの斜面なら何とかいけそうだ 。 しかしあまり無理はしないでこの日は 5本で終了。

ランチタイムにここにいることは無いだろうけど、結構魅力的なメニューがあるようだ。

ba-ga-.JPG

明けて23日

この前 我が家にやってきた 長くて太いヤツを 供養しようと 朝一でアンヌプリへ出かけてみた。

0123板.JPG

無謀にも いきなりゴンドラへ。

0123ゴンドラ.JPG

しかし 舐めてました‥

今までの板と全然違う。

接地感が無いというのか、どこに乗っているのかが全然判らない。

なんとか下まで降りて ゴンドラには乗らずに クワッドで回す事に変更。

その後、緩斜面で感覚を取り戻しつつ 自信も取り戻そうとしたが、ちょっと1回では無理のようだ。

板を 供養するつもりで 来たが とても成仏させることは出来なかった。

ちょっとボードに逃げるかな‥



年末寒波(強風) [テレマーク]

12月30日

風が強かったのか?ちょっと重めの雪が積もったニセコ。

12.30雪.JPG

温度はそれほど冷え込んでいない。

12.30温度.JPG

しかし山の方は風が強いらしい。 ネットで見てみると上の方のリフトは軒並み運休。ゴンドラも似たような状態。

ライブカメラで見てみると動いているリフトに人が集中。 さすがにこんなに並んで滑りたくは無い。

ローカルの強みを生かして隣町の旭ヶ丘スキー場に行くが、なんと定休日。

旭ヶ丘2.JPG

しかしコンディションはかなりよさそうで、すでに2人ほどツボ足で登ってテレマークの練習をしていた。

旭ヶ丘1.JPG

似たようなことを考える人はいるもんだ。と感心しながら、こちらも準備して上りはじめる。

シール持ってくればよかった‥ ハイクの練習にもなったのに‥

ざくざくと登ること10分強。

旭ヶ丘5.JPG

ようやくリフト降り場に到着。

まずは迂回コースを途中まで攻めてみる。

旭ヶ丘6.JPG

きれいに圧雪されたバーンに5cmほどパウダーがのっかった斜面だったが、思ったよりうまく滑れている。(と思っている)

いままでパウダーをテレで滑ったことは無いに等しいのだが、やはりボードと一緒でこういったコンディションの方が圧倒的に滑りやすい。

調子にのって途中から登り返し。

今度は正面のバーンを滑る。

こちらのほうが圧倒的に?斜度がきついのだが、 滑り出すと 「いけてる!」 

旭ヶ丘4.JPG

なんだか いけてる。 勝手にそう思っているのだが、 パウダーの方が当たり前だがスピードコントロールが容易だ。

滑り終わった後を見て 一人ニンマリ。 今日は2本(1.5本)でおしまい。

自信て大事だな~

何か掴んだかもしれない‥気のせいかもしれない テレ練6日目 [テレマーク]

12月11日

天気予報では大荒れみたいなことを言っていたけど、早々に警報は解除されていた。

ただ 雨は結構なもので気温も高めな朝だった。

12.11 温度.JPG

当然降雪はなく、むしろ解けちゃったって感じだ。

12.11 雪.JPG

そんな決してよくない環境なのだが、今日からアンヌプリのクワッドが運行を開始してベースまで滑りこめるとのこと。

ようやくこの日が来たか‥ 最初からここで練習したかったのだ。

空いてるし、傾斜も適当だし、広いし、リフトも高速なので、ガンガン?まわせるし、初心者の滑り込みにはぴったりだ。

12.11アンヌ.JPG

午後もいい時間になってからの出撃となったが、ゲストが少ないこともあり、全然荒れていない。

ブッシュも全然気にならないし、期待を裏切らない。

1本目はまだバタバタしていたけど、2、3本目になると、 「ん?!」

なんだか行けてるぞ! ターン後半でバタバタしないし、何しろスピードに乗っている(気がする)。

「真ん中にのるってこういうことか?」、「山足への加重ってこうやればいいのか!」などと独り言を言いながら滑っていると、いつの間にか 休憩ナシでリフト乗り場まで滑ってこれる。

「こうか!」、「これでどうだ!」などと半ば叫びながら滑っていたので 知った人がいなくて本当に良かったが、
それほどテンション上がってしまった。

滑っている間は羊蹄山を見る余裕はなかったが今日はきれいに見えていたらしい。

12.11案ぬ.JPG

何か掴んだかもしれない!  しかし今日も1時間で終了。 クワッド5本でした。
前の10件 | - テレマーク ブログトップ
メッセージを送る