So-net無料ブログ作成
検索選択

台湾でいろいろ補給 その3 [旅]

3月27日
快晴の高雄。 ようやく暑い台湾のようだ。
この日は台北に移動するので半日ほど 高雄のニュースポット?なのか、再開発エリアなどをぷらぷらと。
MRTに乗って二駅。 駁二芸術特区にやってきました。
ウォーターフロント(死語なのかな?)の倉庫街というのは大概再開発されてオシャレスポットになっているが、ここも御多分に漏れず こぎれいになっていました。

高雄1.JPG

建物にプラスされてオブジェが点在しています。

高雄2.JPG

いい歳した人も楽しめます。

高雄4.jpg

トイレの看板の足のプルプル具合が何ともリアル。

高雄3.JPG

その後高速鉄道で台北に移動ですが、その前に駅前のフードコートでお昼。これで¥500でおつりがくるぐらいだからお得感満載。
移動に1時間半。 あっという間に台北。 超繁華街の中山のホテルにチェックイン。
台北をプラプラしますが、時間なんてあっという間に過ぎ去っていきます。お土産を買いに過去に何度か行ったことがあるお茶屋さんにいって 日本語が堪能なおっちゃんとお腹がタプタプになるくらい試飲に出してくれるお茶をんだり、お菓子をつまんで 過ごします。
その後は ホテル側の やはり以前も行ったことがある 金品茶寮で小籠包。

17522853_1293321404078184_722447806411684276_n.jpg

お約束で空芯菜。

17522587_1293321414078183_8444562324783950293_n.jpg

余裕かまして 入店しますが、営業時間がPM9:00までということで、あまりゆっくりできませんでした。 夜が遅いのか早いのか、いまいち判らない台北。
翌朝は 帰国するために朝から移動。 桃園空港行のMRTが開業したので、台北の駅へ。
最初は電車で行くつもりだったが、荷物もあるのでタクシーで。 朝のラッシュとか心配していたけど、時間が速いのかガラガラ。 新しい駅の車寄せまでタクシーで移動。 目の前は エアラインのチェックインカウンター。  駅でチェックインして 荷物預けて、 発車1分前のMRTに飛び乗ります。 快速運転らしく 停車駅も4つくらい。 30分程度で桃園空港到着。 すごい便利。
しかし 空港はちょうど出国ラッシュ時間らしい。 出発ロビーはすごい人。 手荷物検査の列がどこまでつながっているのかわからないくらいだ。 

IMG_0150.JPG

さすが? 台湾。 みんな 不平を言うでもなく、ちゃんと列をつくって並んでいる。 この行列に30分強。 ぎりぎりだったら かなり焦ってしまうところだろうが、こちらは2時間以上も時間があるので余裕で並んで無事 イミグレも突破。 後はラウンジで 搭乗時間までまったりと。
帰りはエコノミー。 北海道旅行の団体客の皆さん。テンション高めでした。 
午後3時過ぎ 無事に千歳到着。 外気温2度。 温度差25度くらいかな。
家に着いたのが PM7:00。 ほぼ1日移動だった。 当然雪は減っています。

今回の旅行で iphone持っていきましたが、歩きながらwifiというのは結構難しいな。(当たり前か)
あっという間にDisconect. いちいち立ち止まるのが苦手な私にはちょっと使い勝手が悪いな。

台湾でいろいろ補給 その2 [旅]

3月26日
高雄はやや曇りの朝。天気予報を見るとところにより小雨みたいだ。
この日は朝から乗り放題の高速鉄道で台南へ。 駅でいうと 一駅だけど。
電車に乗ってしまえば時間にして20分くらい。

台南1.jpg

高速鉄道の駅から街の中心部までは電車で行くか、無料シャトルバスというのも選択肢としてあるのだが、どこに留まるのか?が土地勘がないので全然わからない。 しかし無謀にもバスに乗ってみた。
なんとなく行きたい方向なんだろうという 根拠のない自信はあるのだが、この辺だろうというバス停で降りてみると、 残念ながら2Kmほどずれていた。結局タクシー捕まえて移動。
台湾はタクシーが安いし、ちゃんとメーター使ってくれるし、非常に助かる。
台南に来た主な理由は食べ歩き。 思ったよりも寒い? 半袖Tシャツなんでしょうがないけど、地元の人はダウンとか着ていて完全に浮いているんだろうな‥ 
ということで ちょっと暖かいものから。

台南2.jpg

市場みたいなところには 日本語がところどころにあるような繁盛店。

台南5.jpg

ホルモン麺みたいなものだろう。 パクチー大盛りにしてね。といったつもりだったが伝わっていなかったようだ。

台南6.jpg

これは食べなかった。

台南7.jpg

ちまちま食べながら 次は街歩き。

台南10.jpg

暗くなると明かりがついて風情があるそうだ。 

台南11.jpg

そのあと小雨が降ってきたので、街歩きは終了。 高雄に戻るか‥
帰りは手堅くタクシーで台南の駅まで戻って($100)電車で高速鉄道の駅に移動。

台南12.jpg

その後高雄では 新しくできた LRTに乗ってみた。 将来的にはループ化されるそうで、そうなったら観光には結構便利かも。

台南13.jpg

夜は前日に続いて夜市へ。

台南14.jpg

海鮮なのでこんな感じです。

台南15.jpg

よく歩いてよく食べました。

台湾でいろいろ補給 その1 [旅]

3月25日
すっかり春の陽気のニセコ

0325山.jpg

週末ではあるのですが、山へは行かずに朝から 千歳へ。
久しぶりの海外へ。 エバー航空の直行便で台湾に行ってきました。 JALやらANAで沖縄に行くより、片道だけではありますが、ビジネスで行ってもまだ安いんじゃないかな?
千歳は春休みだからなのか? 駐車場が満車。 ちょっと離れたところに止めるがそちらは全然問題なく停めることができ、シャトルバスで移動。 チェックインもスムーズでラウンジに直行。
空港は混雑しているようだが、ラウンジはガラガラというか 誰もいない。
搭乗時間が来たので機内へ。 閑散期なのか、機体が小さいA320。 できればワイドボディーのA330くらいにしたかったのだが、しょうがない。 
まずはウェルカムドリンクで 泡。

IMG_0078.JPG

その後、期待していた機内食。 やっぱりこれでしょう。

IMG_0074.JPG

瀬戸物で出てきます。

17362369_1291001877643470_3396214285280383700_n.jpg

これも飲み放題。

17342639_1291001857643472_1139045679277484681_n.jpg

しかし 台湾までわずか?(4時間)のフライト。 泡+泡+獺祭+獺祭+ポート で打ち止め。
小雨降る桃園空港にランディング。
イミグレもスムーズに通過して、 開通間もない空港MRTで高速鉄道の駅へ。
いままで バスとタクシーぐらいしかアクセス手段がなかったけど、MRT便利だわ。
高速鉄道の駅でネットで予約してあった 3Daysパスを受け取りそのまま高雄へ。
なんとか 夜の7時過ぎにはホテルにチェックイン。  夜の街に繰り出します。

17458175_1291186064291718_4744421456914034821_n.jpg

結構涼しい 風が吹く高雄の夜市。 人ごみの熱気はなかなかのものです。今日はよく飲んだな~

17523337_1291185997625058_3786976510020364938_n.jpg 

たぶん続く。

GPSサマサマ [スノーボード]

3月20日
すっかり春の陽気のニセコ。朝から太陽がまぶしい。

0320山.jpg

この日は朝から山に行くと決めていたので、準備をさっさとして出撃。
今日の目的地は目国内岳。 シーズンに1、2回は行っておきたい山だ。
9時半過ぎにすっかり雪のなくなった道を走って新見温泉に到着。 車いっぱい。 

0320めくんない10.JPG

10時近くに準備が整いハイク開始。 思ったより雪があるし、何と言っていいのか?雪がきれいだ。
しばし未除雪の道を歩いてスノーブリッジに到着。

0320めくんない4.JPG

まだ大丈夫そうなんですが、気のせいか?水の音が大きいような‥ 慎重に歩いて渡ります。
ここからが目国内の一番厳しい登りが約1時間。 標高850m程度まで一気に登ります。
その間に スキーヤーの2つのパーティーをぶっちぎって 登りきりました。
しかし暑い‥ 照り返しも強烈。何しろ雲一つないし、風も弱い。この辺でお昼でもよかったんですが、なぜか調子がいいのでそのまま小休止のみでハイク開始。
さらに1パーティーを抜いて広い斜面に出ると、頂上にアタックしているスキーヤーがよく見える。

0320めくんない1.JPG

その他にも 5名以上のパーティーが2つほど 尾根にとりついているようだ。
ここはスノーシューの威力発揮で直登で尾根まで登って山頂到着。
約2時間半。 いい感じで登りきれた。

0320めくんない2.JPG

山頂周辺には 元気なシニアスキーヤー約10名のパーティーと やはり元気なYou達やはり10名弱のパーティーと大賑わい。
ここでようやくお昼。 

0320めくんない3.JPG

天気最高! 岩内側はパノラマラインの除雪が神仙沼くらいまで終わっているみたいだ。

0320めくんない5.JPG

では滑ります。 登りながら、 前目国内の方の斜面が気になっていたので、天気もいいし、いつもと違ったルートで帰ってみようということでトラバース気味にそちらに行ってみる。

0320めくんない9.jpg

なるほど、意外といいかも、 斜面も広いし、荒れていない。 途中 沢に出るが、GPSの威力発揮。 現在位置と 往路のトラックと 閉鎖されている道の位置関係が一発でわかる。
コンパスも表示されるので 方向も間違うことがない。
ちゃんと スノーブリッジに降りたポイントまで滑って降りてくることができた。
このルートなら、板を外す距離は圧倒的に短い。なにしろ個人的に滑って楽し斜面。
その後も板を外したり スケーティングすることもなく車に戻ってきた。
全行程 3時間半。 かなり充実。 しかしGPSさまさま。 行動範囲がさらに広がるかな?_



チセ、チセ、チセ [スノーボード]

3月17日
ピーカンのニセコ。 パウダーはもはや期待できません。

0317山.jpg

楽天のポイントがたまっていたので、3周くらい周回遅れですが、カメラ付きwifi端末としてiphone5を導入してみた。 GPSのアプリなんかもインストールして使ってみるようにしよう。
怪しい?SIMも買ってアクティベーションしてさっそくフィールドテスト。

DSC00375.JPG

チセヌプリ駐車場はガラガラ。ほとんどブラックダイヤモンドの関係者の車じゃないかな?

チセ11.JPG

ハイク開始がスマホの設定が遅れたので、11時近く。 リフト降り場まででちょうどお昼。

チセ2.JPG

その後もサクサクと歩いて 山頂到着。  こんな半端な時間に登る人は少ないようで全然人に合わなかった。

チセ5.JPG

すっかり春の雪 しかしまだ黄砂が降ったわけではないのでちゃんと走ってくれた。
パノラマラインまで落ちたが、標識には全然手が届かない。 

チセ9.JPG

というわけで ログはこんな感じで取れることが分かった。

17353338_1283065745103750_2412573817251652018_n.jpg

これが初期投資ほぼゼロで導入できるのってすごい。 もはや専用機を購入しようかとか全然考えられないわ。



引き続いて 3月19日。
やっぱり快晴のニセコ。この日は 自称病み上がりの嫁を連れて再びチセへ。
この日はキャットの営業すら止めてしまったらしく、静かな山に戻ってしまった。

0319チセ9.JPG

まだ本調子ではないようなので、ピークハントではなく 1000mくらいを目標に登ってみた。
登っている最中は、まったくテンションが上がっていなかったが、滑り出したら別人のようだ。

0139チセ7.jpg

いい汗かきました。 静かなチセもいいものだ。 お手軽に登れて、滑れるいいところだ。



すっかり異国の人はお帰りのようだ [スノーボード]

3月11日
快晴のニセコ。 すっかり日差しは春です。

0311山.jpg

午前中くらいは時間がありそうだったので、さっさと準備して羊蹄山へ。
真狩墓地に車を止めるが、たったの3台。 こんなに天気のいい週末だというのに。
異国の方々はすっかり帰ってしまったのか?

0311羊蹄山1.jpg

準備をしてハイクを始めるが、ビデオを持ってくるのを忘れた。 やっぱり慌ててはだめだな。
はじめに昨年に伐採されたエリアを上るが、まるでゲレンデだ。

0311羊蹄山2.jpg

照り返しがすごい。 この状態が標高600mくらいまで続いてその後はやや林の中。
といっても結構木の間隔はあいているので、明るい林の中を半袖で上ります。
標高1000mくらい。 ハイク開始から2時間。 いい時間です。 こんなものにしておきましょう。

0311羊蹄山4.jpg

この日は 登り始めてから 降りてきた3名のボーダーと 先行して上っているスキーヤー1名だけしか会うことがなく、ほとんど誰もいない静かな山。風も弱く快適ですが、日差しが強いので滑るとやや重たい雪質。 伐採エリアも起伏が結構きついが、ほとんどゲレンデのように滑ることができるので、途中で止まる心配もなく、車までほとんどノンストップ。

羊蹄山ログ.jpg

ログで見てもほぼ直登。 いい汗かきました。

開けて日曜。 今シーズン3回目の ご近所と行く格安ルスツデー。
やはり朝からいい天気。
イーストの駐車場に車を停めるが、 2月とはくらべものにならないくらいガラガラ。
リフト乗り場にもレストハウスの中にも 異国の方々はほとんど見かけない。
午前中のきれいなピステン。 非常に気持ちよく滑れます。

17202916_1278568378886820_2079841231626604057_n.jpg

いいカービングの練習になります。

0312ルスツ.jpg

林の中も 気温が低いせいで 思ったよりいい感じではありますが、もう3月。さすがに一日は持ちません。  でも 丸々一日快晴。 よく滑りました。  午後2時過ぎには撤収。 心地よい疲労感です。 今シーズンはあと何回いけるかな‥

今シーズン最後なのか その2 [スノーボード]

3月10日

0310山.jpg

昨日に続いて降雪のあったニセコ
今日こそ今シーズン最後なのか?ということで 昨日と同じルートで アンヌプリピークを目指す。
花園から見てもK4降り場からピークを目指す列が見えるくらいだ。
リフトを乗りついてハイク開始。 昨日に比べて風も収まって、まずまずのコンディションだ。
しかし ピーク周辺は今度はガスだ。

0310ピーク.jpg

やっぱりちょっと待ってみるが 晴れる気配なし。
滑りだすが 昨日よりは視界が確保できる。 昨日から気温がそれほど上がらなかったようで、ところどころ荒れてはいるが 雪質はまずまず。 あっという間に作業道。
今シーズン最後なのか? 来週からは1週間ほど好天の予報。 どうなるのやら。


今シーズン最後なのか? [スノーボード]

3月9日

0309山.jpg

シーズンはあまり降雪が続いたことがなかったけど、ここ数日は降雪が続いて連日の雪かきが必要だったニセコ。シーズン終盤になってやっとやる気を出してくれたのか?
今シーズン最後ではないかという強迫観念にも近い感じで 水曜日に アンヌプリへ出かけたが、思ったより積雪はなく、風が強くて上部リフトは止まるし、ゴンドラは減速運転。 
しかし 木曜には何とか上部ゲートもあくようなので、花園からアプローチして アンヌプリピークを目指す。
しかし花3を降りたところでK4が動いていない。 仕方ないので開いている花園ゲートから出てみる。 しっとりとしてはいるが、いい感じでたまっている。
今日はそのまま花3で回すか。と思ってリフトに乗ると、今度はA4が動いたとアナウンス。リフトを降りるころには K4乗り場に5人ほどの列。 後ろについてみると、改札員が 「10時開始ですよ」とのこと。つまりあと5分。 ならばと並んでいるとほどなく改札オープン
当然山頂ゲートも開いて、ハイク開始。 さすがにゲートオープン直後にハイクするようなメンバーは猛者ぞろいで、早い早い。 そこそこ自身はあるのだが、ついていくのがやっと。
ピークにつくと 今度は強風。 視界がきかない。 ちょっとだけ風が収まるのを待つが、一向に収まらない。 仕方なく 東尾根方面へドロップ。  あまり楽しくない滑りをしてちょっと降りて雪庇近くまで来るとようやく視界が確保できた。 思ったよりいい雪で、あっという間に作業道。 
その後誰もついてこないと思ったら、風のK4も止まってゲートもクローズだそうだ。 貴重な1本でした。


すっかり春の羊蹄山 [スノーボード]

3月2日
天気予報では季節外れに暖かくなるらしいニセコ

0302山.jpg

朝からいい天気。おまけに南風。
チャウ×2がスノーシューを新しくしたとのことなので、なんとか試す場を用意してほしいという話をしていたので、羊蹄山に誘ってみた。
朝9時半。 半月湖駐車場。 ガラガラ というか車はほかにない。 タクシーで乗り付けたYou二人組しかいない。

羊蹄山駐車場.jpg

余りに気温高いので 出だしから半袖だ。
歩き始めてからしばらくは林の中。 斜度もきつくないのだが、だらだらと歩き続けないといけない。
樹林帯を抜けると視界が開けてくる。 日差しがきつい。 照り返しで熱く感じるくらいだ。

羊蹄山2.jpg

だんだんと斜度が増してくると だんだんとスピードダウン。

羊蹄山ハイク.jpg

もともと半日の予定で動いているので、この辺にしておくか。
ピークは遥か彼方。

羊蹄山ピーク.jpg

滑りだすと 適当にリセットされているのかと思ったら ところどころストップ雪。
この気温のせいで溶けて水の膜が表面にできて滑走面に張り付いているようだ。
黄砂のような本当に止まってしまうちうことはないのだが、いい感じで滑っていると意図しない急ブレーキがかかるみたいで、結構コントロールに気を使う。
無事に車に戻ってきましたが、全行程時間にして3時間半。 まーこんなものかな。
ログで見ると‥
羊蹄山ログ.jpg


メッセージを送る