So-net無料ブログ作成
検索選択

いい歳したおっさんの目に涙。 [生活]

10月30日
それは前日の午後から始まった。なんだか 前歯の奥の方が痛む。しかも時間がたつにつれて結構きつくなってきた。 数年間(後でわかるが5年前だそうだ)に歯の根元に膿がたまってそれが周辺を圧迫して痛むという歯根嚢胞という症状そのものだ。(イメージです)

歯.jpg

前回も結構痛みが強く翌日に歯医者に直行したものだが、今回は困ったことに土曜の午後。
都会なら日曜診療の歯医者なんでいくらでもあるのだろうが、田舎にはない。
この時点ではまだ我慢できるかな?という判断で帰宅。 
普通にご飯も食べて(当然飲んで)寝つきもいいのですが、夜中に痛みで目が覚めてしまった。
痛い‥ これであと1日我慢できるか‥ 自信ないな‥ 
結構痛みとかには強いと自認していますが、ちょっと無理。
何とか朝を迎えたのですが、朝一でやることは ”日曜診療 歯医者 北海道” で検索しまくり。
最寄りでは 洞爺か小樽らしい。 もはや行く行かないという判断ではなく どちらに行くかというくらいの状況。
総合的に考えて小樽に電話。 12時ならOKということでそこをめがけて出かけました。
かなり早く(30分) 到着したのですが、さっさと診てくれました。
レントゲンを撮って 案の定 溜まっているようです。 麻酔してゴリゴリして膿を抜いてもらって仮に詰めてもらって 応急処置は終了。 ほっとした。 
しばらく痛かったが、 2時間もすると 今までの痛みが嘘のよう。 
あくまで 応急処置なので翌日に近隣の歯医者に行くことに迷いはない。 
痛みが取れて何より。



今年は不漁ではないらしいのですが その2 [食べ歩き]

10月29日
いい天気の日高の朝。
宿の周りは紅葉がちょうど終わりのころだ。

ハイジアe.jpg

さて朝ごはん。
牛乳は瓶で出てきます。

ハイジアa.jpg

ミネストローネとサラダ

ハイジアb.jpg

タマゴはオーダーしてオムレツかスクランブルで調理してくれます。

ハイジアc.jpg

デザートとヨーグルト。 

ハイジアd.jpg

最近 朝食はブッフェばかりだったのでちょっと新鮮でした。 ただ パンの種類が1種類なのがちょっと残念かな。
チェックアウトして車で宿を後にすると、ずーっと外で支配人が手を振ってくれている。こういう時にはどうしていいのか? 毎度悩んでしまいます。
さてドライブしながら お昼の場所を探します。(本当に食べることしか考えていないな)
本で見た 日高の廃校になった学校のプールを改装したカフェがあるということなので、面白そうなので行ってみることに。
こういう時はナビのすごさを実感するのでした。 見つけました。 そのカフェ。
入って見ました。 しかし誰もいない。 出てこない。 Closeなのか? だったら鍵ぐらいかけようよ。

カフェ1.jpg

しばらく写真なぞ撮っているが誰かが出てくる気配なし。 撤収。
結局 過去にも利用したことのある 椿サロン

カフェ2.jpg

カフェ3.jpg

空いている‥ 前回は結構混んでいた印象なのに。 

カフェ4.jpg

いい天気です。 夏は暑いのかな。 とか台風の時はすごいのかな。などと考えてしまう作りです。
やっぱりカレーだね。

カフェ5.jpg

天気が夜から悪くなるということなので、早めに帰宅することに。
そのついでに 鵡川でシシャモをお土産に買って帰ることにするのですが、いつもは街中なんですが、今年は漁港にあるここへ。
値段が安いとか、特に立派なシシャモとかいうことはないのですが、お店のおばちゃんはいい味を出していました。

シシャモ1.jpg

この後苫小牧買い物して帰るわけなのですが、このころにはなぜか 歯に違和感が‥ このおかげで夜にはひどい目にあうとは‥



今年は不漁ではないらしいのですが、 その1 [食べ歩き]

10月28日
冴えない天気のニセコ

1028山.jpg

気温は低いけど雪が降るわけでもない一番中途半端は季節には違いない。
道内旅行するには一番のローシーズンなのでは? 
ということで 解禁になって少し日がたった 鵡川にシシャモを食べに。
車で 苫小牧を経由して約3時間。
いつも通り 鵡川の大野商店へ。
さすがに平日。 店内もお昼時だというのに食券を買って 待つこともなく テーブルに案内される。
お目当てのシシャモ寿司。 ほんのりと甘みがあって この季節限定という限定感も伴って大変おいしい。

DSC05264.JPG

これだけでは足りないので シシャモ丼。 

DSC05265.JPG

ま~これはほぼ予想通りの味なんですが、限定感もあるのでいつもオーダーしちゃいます。
この日はこのままお土産を買って帰るのではなく さらに先の日高方面に向かってドライブ
いつもは三石温泉に宿を取るのですが、今回はここ。

ハイジア1.jpg

宿までの道が結構な田舎道で、本当に宿があるのか?ってくらいの雰囲気だったけど、車を止めている間に支配人さんが表に出てきてくれて荷物を運んでくれた。
ロビー(サロン?)でチェックインしていると、全部で7部屋あるが、今日のゲストは我が家を含めて2組だけだそうだ。

ハイジア2.jpg

だからということで通常は宿泊客は1時間だけ無料なスパ(要は貸し切り風呂)が基本的に使い放題だそうだ。
ありがたいので夕飯前に使わせてもらう。
部屋はメゾネットですが、ちょっと間口が狭いので玄関の出入りがしにくかったりしますが、テラスも広いので解放感は結構あります。アメニティーも充実。 (しかし画像なし)
夕食は7時から。 

ハイジア3.jpg

ワインも¥3,000/本 からとリーズナブル。 しかしガラガラなので、ちょっとがらんとしてしまいます。

ハイジア4.jpg

アンティパスト  ツブのアヒージョだそうですけど、決して熱くなくってむしろお刺身。 

ハイジア5.jpg

盛り合わせ
ハイジア6.jpg

魚は 季節がら鮭です。

ハイジア7.jpg

おっとここですでにワインが1本空いてしまった。
ならば グラスワインで。 ¥600/杯

ハイジア8.jpg

メインの肉。 鹿と道内牛のロティ。

ハイジア9.jpg

デザートは日高昆布が入ったロールケーキ。 細かい粒状のものにしてクリームに混ぜ込んであるそうで、食感が面白い。

ハイジア10.jpg

今回はゲストが少ないこともあり、今まで結構忙しかったそうなのでスタッフを休ませているとのこと。
だからではないが、支配人がずーっと サーブしてくれるし、結構話しかけてくれるので楽しく飲んで食べることができました。
ただ ちょっとボリューム感という面でみると物足りないかな? おかげでパンと付け合わせのカッテージチーズをたくさんいただいてしまいました。 特にこのカッテージチーズはパンにも、ワインのアテにもぴったり。
食後は当然撃沈です。








タイヤ交換終了 [生活]

10月25日
この日は天気が良く外作業にはうってつけ。

1025山.jpg

この前の雪にはちょっとびっくりしてしまったので、出来るときにタイヤ交換しておこう。
なにしろ翌日には雨の予報が出ているし。
デリカの夏タイヤ。実は早く交換したかった。なぜかというと どうも運転していて気持ちがよくない。
うまく言えないけど、微妙な振動とか、ノイズとか。 この前の夏タイヤでも前タイヤだけ異常に偏摩耗していた。
ホイルに依存するのかな?と思っていたけど、 後輪とローテーションしてもやっぱり前に付けると同じような現象が起こっていた。
というと何について回るのかな?とずーと考えていた。
今回も外した夏タイヤを見てみると
前タイヤ

タイヤ1.jpg

シーズンでこんなに減るかな?ってくらいだ。

後タイヤ

タイヤ2.jpg

ま こんなものだろう。

しかし冬タイヤではこんな現象にはならないんだよな。
交換後 走ってみると、やっぱり落ち着いた感じになった。 しっとりとした って感じかな。
本格的にアライメントでも見てもらわないといけないのか?
次はホイル事交換するか。



2年分はありそうだ [生活]

10月23日
寒い週末のニセコ

1023山.jpg

すでに先日初雪だったので寒いのは当たり前なんだけど、まだちょっと早いんじゃないか?
土曜は中山峠越えをするので、朝からハスラーのタイヤ交換。 軽のタイヤ交換なんて30分もあれば楽勝だ。
結局 峠も凍結や積雪状態ではなく、杞憂に終わったわけだが、もういつ積雪があっても不思議ではない時期になったわけだ。
タイヤ交換とともに薪の方も冬の準備をしないと。
ということでせっせと 積んでみた。 これで6式はあるかな?

薪1.jpg

薪小屋にはすでに2式は積んである。 

薪2.jpg

さらにその横には昨シーズンの残りが。

薪3.jpg

裏にはただ割っただけの一山。

薪4.jpg

その横にはいまだに手つかず。

薪5.jpg

チェーンソーが全然切れなくなったので、またしてもアマゾンで替え刃を購入。

チェーンソー.jpg

面白いように切れる。 今までの疲労感は何だったんだろうか?
とりあえず割った分だけでも積んでおこう。 おそらく全部で12式くらいは固いかな?
というと 2年分は十分なくらいだ。 今年はけちることなく ガンガン焚いてやる!

雪のない山はこれで打ち止めか? [趣味]

10月15日
天気予報では季節が1か月以上戻るとのこと。 確かに空気が暖かい。

1015山.jpg

おまけにこの日1日安定しているとのことなので、雪が積もる前に イワオヌプリへ。
快晴の週末。 お昼前とはいえ駐車場は満車。 ここまで上がってくると風はひんやりとして歩くにはちょうどいい。

駐車場IW.jpg

それにしてもさぞかしたくさんの人が山に入っているんでしょう。
いつも通り出だしは階段。 

階段IW.jpg

山頂付近まで上がってお昼にすると風が強そうなので、一応 風が弱そうな 山頂のちょっと下でお昼。

昼IW.jpg

いい天気です。 
お昼を食べていると 後続の登山者が山頂へのルートだと思ってみんなこちらに向かってくる。
確かに正式?なルートではないけど、 ここまでくればどこから上って大してリスクが上がるようなことはないでしょう。

直下IW.jpg

そういえば先日は降雪があったそうで、その名残がちょっとだけ。 でもあと少しするといやって程見ることになるんだろう。

残雪IW.jpg

今回はお昼を食べたり、道を譲ったりで 1時間半でピークに到着。 散歩ペースだな。

連山IW.jpg

下山して 時間も早いし、足も全然残っているので 神仙沼でも行ってみるか。 
PM2:00過ぎ 駐車場はこちらも満車。バスも2台。
静かに歩くという雰囲気でもないので、 サクッと1周してきました。

沼IW.jpg

こんなに人が来るんなら、もう少しお金が落ちるような仕掛けをしてもいいんじゃないのかな?
そのあとは 五色にするかどうか悩んだ末に 雪秩父

温泉IW.jpg

人は多くても 洗い場も風呂も広いので全然問題ない。 しかし湯温は熱かった。
鉄鉱泉はポンプが壊れて出ないそうだが、話を聞いてみると 井戸が詰まってしまっているようでボーリングしなおさないといけないそうだ。 来年予算が出れば だけど。

温泉2IW.jpg

夜は 曽我部さんが遊びに来て ワイン3本。 よくのみました。


3連休なんですけどね。 [生活]

10月10日
世間的には3連休。 しかし冷たい雨が降ったりやんだりのあいにくの天気が続くニセコ

1010山.jpg

気温も低めでストーブも朝晩限定で運転中だ。

1010温度.jpg

しかしそのストーブの燃焼がいまいちだ。 薪は去年の残り物なので、2年物ということで申し分ないはず。
煙突も下からは掃除してあるのであとは煙突の市場上の部分だけだ。
となると何とかして確かめないと‥
しかし長い梯子がない。 ご近所から借りてきたはしごでは 軒まで届かなかった。
ということで本職のストーブ屋さんにお願いして梯子を貸してもらった。
せっかく借りてきたが コロコロと天気は変わりやすい。  屋根から落ちたらシャレにならないので、屋根が乾いたら作業しようかな?と考えていたのだが、 なかなか天候が回復しない。
雨雲レーダーを見ると午後から雲が切れるらしいので、ちょっと待っていると、願いが通じて時折陽が差すようになってきた。
さっそく準備開始。 借りてきた梯子を目いっぱい伸ばして、確保用のロープやら、ブラシやら、工具一式をもって屋根に上がってみた。

煙突3.jpg

う~んリアルな怖さ。 屋根の傾斜ってこんなにきつかったっけ?
ロープを腰に巻いて 作業開始。 角トップを外して見てみると、あらま、結構な状態。

煙突1.jpg

これじゃ うまく燃えないわけだ。 
ということで掃除開始。

煙突2.jpg

作業時間はものの10分。 しかし降りる方がよっぽど神経使う。 というか怖いわ。
しかし達成感はストーブの燃焼状況をみれば十分にあった。 なにしろ角トップ周りは3年以上ほったらかしだったしね。

開けて10日。 本来の体育の日。
しかし天気は回復せず冷たい雨が降ったりやんだりと前日と変わりない。
ということで映画でも。 週末に公開になったばかりの ジェイソンボーンへ。
家でチケットを取ってから見に行ったが さすが小樽。 まだ1席も売れていないとは。
大丈夫か?ジェイソンボーン。
しかし本編が始まるころには パラパラと。 結局は4割くらいの入りか?
ネタバレになるので内容は書きませんが、 マットデイモン アクションが痛そうだ。

えいが.jpg

次はインフェルノかな? その次は ローグワンだな。
 


東京は人が多すぎだ

10月6日
すっかり秋のニセコ。羊蹄山はすっかり秋色になってあともう少しすればきっと上の方から白くなっていくだろう。

1005山.jpg

久しぶりの更新となってしまったけど、今年も例年通り代々木公園でイベントだった。終わって帰ってきてからもいろいろあっててんてこ舞い。
今日になってようやく落ち着いたかな。
それにしても東京のイベント。 相変わらずすごい人出だ。 以前から3日間で30万人とか主催者が発表するくらいだ。
だから 来場者も人気の商品は何を買うにも行列。 買った後にそれを食べる場所もない。
イベントの1週間前に 大通公園のオータムフェストに行ったので比較できたので、人の多さには突出している。
自分で行くなら オータムフェストくらいの混雑具合がちょうどいいんじゃないかな?
さすが北海道だ。 何をするにも東京は人が多すぎだ。
ということで 今回は写真なしでした。




メッセージを送る