So-net無料ブログ作成
検索選択

さすがにこの時間では無理だな。 [スノーボード]

1月27日
ここのところまとまった降雪のないニセコ

0127山.jpg

風が収まっていないようでスキー場の上部リフトクローズゲートも開く気配がない。
ちょっと体がなまってしまうのは避けたいので、ちょっと森の中でも歩くかといことで 最寄の?羊蹄へ。
一応 車を墓地にデポしてから真狩口へ向かうが、準備をして登り始めが 10時過ぎというゆるさ。
駐車場には5台程度の車、 調子が良かったら 尾根を越えて 墓地沢に落ちるつもりだったが、1時間半歩いて
標高750m 。
ちょっと無理だったかな? おまけに頭の上の風が ゴーゴーと吹くようになってしまった。
しょうがない。プランBで。



標高差450mのツリーラン。 これはこれで楽しい。 結構雪もいいし、あちこち当てこみながら 10分で車に到着。

羊蹄山.jpg

次回はもう少し早めに動くようにするか…

羊蹄山ろぐ.jpg

まだまだ負けない でも林の中だけ [スノーボード]

1月24日
この日は今シーズン初のご近所で行くルスツ格安デー。

0124山.jpg

朝一で結構な人数が集合。

ルスツ集合.jpg

準備をしてゲレンデに出るが、ピステンがかかった斜面では子供たちにまったく歯が立たない。

ルスツ1.jpg

しかし林の中に入れば まだまだ 優位性が保てるようだ。 
この日は11時からという早いお昼休みをはさんで2時半まで 良く滑りました。



話は変わるが新しいブーツはなかなかいいようだ。



今シーズンもいい天気でした [スノーボード]

1月22日
なぜか?2日続きの快晴のニセコ

0122山.jpg

こんないい天気ならどこに行こうか? というからまずはここだろう。 尻別岳。
いい天気のときだけ狙っていけるのはローカルの強みだ。
車で20分。 いつものジャガイモ畑に到着。しかし 車が多いこと。 

車.jpg

ま いいか。 早速準備して ハイク開始。 ジャガイモ畑の先に 目指す尻別岳。

尻別岳1.jpg

人もそこそこいるので大体同じペースで歩いているパーティーとご一緒に。

パーティー.jpg

いつも天気のいいときにしかここにはこないが、本当に空が青い。

空.jpg

歩き始めて1時間半 ようやく稜線にでました。

稜線.jpg

そこまで出ると 羊蹄山のお出ましです。

羊蹄山.jpg

滑るために登ったので、さっさと準備して滑り出します。

いい角度がついた斜面なので、結構トラックは残っていますが、スピードにのって一気に滑り降ります。

尻別1.jpg

中腹から下は 陽が当たってちょっとクラストしていますが、最後まで楽しめました。



尻別岳は車まで滑って帰ってこれるルートなので、とっても楽チンです。

尻別log.jpg

ピークは開きませんでした。 [スノーボード]

1月21日
先日までの風が収まったニセコ

0121山.jpg

午前中だけ時間がありそうなので、旭ヶ丘でテレ練か花園からピークを目指すか?悩んで両方道具を積み込んで
とりあえず出発。
走っている間に天候は見る見る回復。
それならばということで花園へ。
今日シーズン初の花園。
リフトを乗り継いで花3に乗るとどうやらK4は動いておらず、みんな花園ゲートからトラバースして東尾根を目指しているようだ。
花3を下りると 確かにK4はまだ着氷を落としておらず、どうやら動かすつもりはさらさらないようだ。
ゲートからちょっと登ってスキーヤーが着けたトラバースラインを使わせてもらいます。
東尾根の雪庇が見えるあたりまできてからドロップ。
雪はあるような無いような… 微妙。 木がやっぱりうるさい。
既にノートラックとはいえないが、そこそこ楽しめた。



作業道まで落ちて今日はこれにて終了。
もうちょっと雪が欲しいな。

ようやく平年並みなのか [スノーボード]

1月16日の分
いい天気のニセコ

0116山.jpg

前日は地域の新年会でちょっと呑みすぎたかなと思ったのですが、思ったより目覚めが良かったのでゲレンデへGo。

ゲレンデ.jpg

アンヌプリはいい雪が降った後の週末ということでしたが、それほど混雑しているわけも無く、ゴンドラにはすんなりと乗車。
いつもは風が吹いているゴンドラ降り場付近も ほとんど風が無くこれは期待できそう。
ゲート8が開いていたので、早速出てみると、思ったより積雪が少ないようで、木がちょっとうるさい。
しかし雪は軽いし、場所によっては結構溜まっている。

無題.jpgパウダー.jpg

1時間でゴンドラ2本とクワッド1本で終了。 結構満足。



明けて日曜。 夜に風も無く降って穏やかな朝という理想的な環境。
今度はチセにハイクの練習かな。ということで 10時過ぎに出発。 
駐車場はほぼ満車。

駐車場.jpg

既に先発隊が付けてくれた道がびっちりと残っているので大変歩きやすい。

道.jpg

こんな時間からでも 3組ほどが上り始めているのだが、写真にとるとほとんど ほかに人が写ることはない。

登り.jpg

この日はもともとリフト降り場までのつもりだったが、リフト降り場まで行ってしまうと滑り出しで苦労しそうなので
ちょっと手前まででハイク終了。
滑り出しますが、雪が深すぎて全然スピードに乗れない…

チセ1.jpg

ひたすら直滑降

チセ2.jpg

結構 バテバテだったが、 これはこれで結構楽しかった。次はもう少し上まで行くかな。


シーズン初BC チセヌプリ [スノーボード]

1月13日の分
なんだかいい降り方で積雪が増えているニセコ

0113山.jpg

さてぼちぼち山の様子でも見に行こうかな?ということで チセに出撃。
家の周りは結構穏やかな天気でしたが、駐車場につくころには雪がチラチラと舞うような空模様。

駐車場.jpg

積雪がまだ十分でないからなのか? 人もそれほど多くないようだ。
休憩所の雪下ろしをしていたり、自衛隊の皆さんが 冬季迷彩で雪上訓練をしている横を通って歩き出します。

自衛隊.jpg

先日の風邪気味から立ち直っているものの、まだ体が出来上がっていないので、息が上がらないくらいのスピードで歩いて 45分でリフト降り場。 大体5分遅れぐらいだろうか?

リフト.jpg

歩いてきた後を振り返ると 当然ながら誰もいないゲレンデ。 これはこれで結構おいしそうなのだが、先に進んでみるか。

ゲレンデ.jpg

先行するのは外人(白人)のスキーヤーパーティー。 体力では勝負にならないのでせっかくなので後を付いていく。
途中から 函館から来たという スキーヤーと一緒に登るが、先を行く外人パーティーが1000mの手前くらいで
どうやらドロップするらしい。
まったくの偶然ではあるのだが、こちらもお昼前には車に戻ろうと思っていたので、ほぼ同じ位置から滑り出すことに。
パノラマラインから先が道がついていないとちょっとしんどいので、スキーヤーが選考してくれるならありがたい。
ということで 先行した外人の皆さんに先に行ってもらい、その後にに続いてドロップ。

雪.jpg

まだまだ雪が少ない。 木がぜんぜん隠れていない。しかしいい雪だ。 
ところどころ地形も隠れていないのでアップダウンの激しい斜面だ。



途中 ツリーの中のトラップに引っかかり 転んでしまうくらいだったが、パノラマラインに到着。

看板.jpg

ところが 外人のパーティーはかなり上に降りたようだ。 結局こちらが先頭になってしまったようだが、
函館から来たスキーヤーが1名いるのでちょっと心強い。
パノラマラインから先のツリーには一応前日くらいに滑ったような跡がうっすら残っているが、さすがに先頭では途中でストップしてしまう。
ここで先頭を交代してスキーヤーに道を作ってもらうが、ルートを知らないようなので、後方から 右だ左だと指示をだしながら 大湯沼が見えることろまできたが、う~ん。 スノーブリッジがない…

スノーブリッジ.jpg

ちょっとうろうろしたがやっぱり渡れない。 
ということで スノーブリッジは断念して 歩いて迂回。
結局 車に戻ったのは12時半。 シーズン初にしてはちょっとハードな歩きだったが、いい運動になった。
なにしろ雪は良かった。

chise.jpg

3連休ですが… [スノーボード]

1月11日
世間的には3連休ですが、珍しく昨日からちょっと風邪気味で引きこもりです。
気温は今シーズン一番というくらいの低さなので、少ないながらもいい雪質なんでしょう。

0111山.jpg

でも今日はおとなしくしています。 きっともっといい日が来ますから。
土曜日には一応?1時間ほどゲレンデへ。さすがに連休といってもほとんど外人なんで関係ないのでしょうけど、ゲートもぼちぼち開きだしたのですが、この日は風が強く上部リフトが運休。
結局ゲレンデの中に人がいるので、ゴンドラも10分ほど並ぶことに。
風の通り道はいまいちでも 選べば結構溜まっていました。 
1時間でゴンドラ2本。 いつもの半分くらいかな。 



その日の夜はご近所(といっても車で5分弱)で宴会。 帰宅したのは午前2時前。 さすがに疲れました。
それ以上にちょっと風邪気味。 でも動けないほどでもない ということで 小樽方面へ。
買い物して 帰りに 鶴亀温泉に入ったりして 帰宅。 
しかし 温泉に入っても全然?あったまった感じがしない。 ちょっと寒気もあったので計ったら 37.5度。
ちょっと微熱くらいか。 ビール飲んでもまだおいしいので、 飲み食いして 爆睡。
次の日に眼が醒めたら、 熱は平熱(36.1度、むしろ低い?) まだ一晩で復活できるようだ。
昨日 買ってきたものうちのひとつがこれ。 
六花亭のさくさくミルフィーユ。 昨年の7月から売っていたのは知っているのだが、店頭ではPOPは見かけるが実物は大概売り切れ。
昨日は店頭に1つだけあったのを見つけて買ってきました。

ミルフィーユ1.jpg

取り説通りに作ってみましたが、センス問われそうです。 

ミルフィーユ3.jpg

フィールドテスト [スノーボード]

1月7日

新年もあっという間に1週間が過ぎましたが、大して積雪は増えていません。

0107山.jpg

先日到着したなんちゃってGoProのSJ4000 到着してからもなかなか使う機会に恵まれませんでしたが、
ようやくゲレンデフィールドテスト。
アンヌプリへ自撮り棒を持って出撃。
まだゲートが開いていないので人がばらけ切っていないのでゴンドラはなかなかの混雑。
しかし風はそれほどでもないので、減速運転することも無く順調に到着。
それでは行ってみましょう。
大沢側の尾根は風の通り道なので まだ雪が着いておらず、ところどころブッシュが顔を出しているので、結構気を使いますが、そこを抜けるといつもどおりロープ際はいい感じで溜まっています。
しかし まだまだ積雪が足りていないのでどうしても底着きしてしまう。
そんなこんなで 1時間でゴンドラ3本。
林の中ももうちょっとだけど、 カメラのほうはなんとなく判った。



以前のものよりちょっと軽くなったので取り回しはよくなった。あとは曇天時のWBをマニュアルで設定したほうが良いみたいだ。
次は快晴時でテストしたいな。

まずまずなんじゃないんでしょうか [趣味]

1月2日
意外と穏やかな朝のニセコ。 ここのところ 雪かきがないので楽といえば楽なんですが、ちょっと物足りない感じではあります。

0102山.jpg

昨日届いたコイツですが、

カメラ.jpg

実は年末に アンヌプリでボードで脇パウを狙ってツリーを滑っていたところ、
自撮り棒が木にぶつかり先っぽからボッキリと折れて先端のカメラごとはるか彼方へ飛んでいってしまった。

1229某.jpg

今回は飛んでいくカメラを見ていたので一応 捜索活動はしたのですが、 締まった雪ならともかく、林の中のパウダーの中から ほとんど同系色のカメラを見つけることはよっぽどの幸運が無いと難しい。

2回ほど捜索して 断念。 なんと2個目。 とはいってもそれほど高いものではないのですが、何しろメンタルダメージが大きい。同じ失敗ではないのですが、結果としては同じ。 かなり悔しい。
この悔しさを晴らすには ポチットやるしかないのか…
ということで密林のサイトからポチッとやってしまった。
確かに1年経ったので、値段も結構こなれているし、選択肢も結構あったのですが、やっぱり価格重視で。
先頭を行くGoProやSONYは大きさ、画質、手振れ補正、Wifiなど機能も相当進歩しているのですが、
また落とすかもしれないし… と考えると、あまり投資は出来ない。
だいたい 2Kだ4Kだといっても今のPCでは満足な編集も出来ないし、1080Pで十分だわ。
箱を開けてみると よくもまーこれほどのアタッチメント集めたな~というくらいの付属品。

カメラ1.jpg

しかし取り説はまったく使い物にならない。というか何も書いていないに等しい。
本体の防水ケースの開け方すら最初はかなり戸惑ってしまった。 
しかし今の時代、何でもネットでわかるようだ。 同じように戸惑った人は結構いるようで、ググッて解決。
同時購入の自撮り棒と組み合わせてみた。今度こそは 脱落防止対策をしないと。

棒2.jpg

本体は 基本的に GoPro3と同じですかね。

カメラ2.jpg

この前雪山に消えていったSD19よりはかなり小さく感じるし、軽い。
液晶はやっぱりおまけレベルですけど。

カメラ3.jpg

どこかへ連れ出そうかと思ったけど、 駅伝観戦になってしまった。
ということでフィールドテストはまた後日。

明けましておめでとうございます。 [生活]

1月1日

雪が少なく寒さもそれほどでもないお正月です。

0101山.jpg

そんな1日までに ストーブから煙が漏れているようでなんだか煙たい…
今まで経験したことがないくらいだ。
比較的天候も落ち着いているのでストーブが冷えるのを待って ストーブの天板をはずしてみた。
あら びっくり。

ストーブ1.jpg

煙突の入り口に 板状のススがてんこ盛り。
一番下の煙突を外すと 見えるはずの空が全然見えない。 

ストーブ2.jpg

いつも通り 煙突の下に袋をかぶせてからブラシを突っ込んでゴシゴシ。
どうやら中間付近に詰まっているところが合ってそこを抜けたら 後はスムーズにブラシが動くようになった。
一度 ブラシを通した後には ちゃんと空が見える。

ストーブ4.jpg

組み立て後に 火をつけると、ちゃんと煙が抜けるようになった。(当たり前)

ストーブ3.jpg

これで厳冬期は乗り切れるかな。 
それにしても あの木を燃やしたのが悪かったのか?それともあの木なのか? 
新年早々 あれが届きました。

カメラ.jpg

詳しくは後日。
メッセージを送る